Menu ▼


メニュ−
なぜかお金が集まる人の思考法
お金持ちの思考回路
お金持ちの人間関係
お金持ちの習慣
お金持ちの倹約術
お金の使い方
銀行・郵便局の徹底活用
お金が貯まる方法と習慣
お金が貯まる「考え方」
お金が貯まる「生活習慣」
お金が貯まる「働き方」
お金が貯まる「節約・運用」
お金が貯まる「借り方と返し方」
お金が貯まる「保険活用」
お金にまつわる名言集
一生お金に困らない使い方のコツ
使い方のコツをつかめ
どちらが得か、損か?
投資成功のお金の使い方
お金の増やし方
お金のなる木の賢い育て方
お金は楽しんで殖やそう
不動産投資で大家気分
 
通信費・教育費・ローンのお金の節約方法
通信費を徹底的に節約
教育費を徹底的に節約
効率の良いローン活用法
保険の節約と賢い選択
保険の節約と賢い選択
 
税金対策(賢い節税方法)
まずは知っておきたい税金の基礎知識
所得控除を利用して所得税を少なくしよう
金融商品の節税を考えよう
不動産にまつわる税金の知識
起業・副業での節税方法
 
お金を増やす投資のための基礎知識
投資を始める前に
初心者の株式投資

親自身が教育目的をしっかり持つ



ひと昔前なら、いい大学へ入ってそこそこ勉強しておけば、卒業のときには一流企業に就職できるというのが、一般的な価値観になっていましたが、最近の状況はどうでしょう。

こうした価値観は、徐々に過去のものとなり始めています。

いまや大学を卒業してもフリーターになる人が4人に一人の時代となり、親が無理をして大学へ入れても、就職できないのであれば、大学へ行く必要がないかもしれません。

このようなことから、昨今、もっと違う教育の仕方があるのではと考える人が増えてきており、古い価値観が意味をなさなくなってきています。

まず考えたいのが、子どもの教育は何のためかということです。
いい学校に入るのが目的であれば、それはそれでけっこうです。

確かに統計的には高卒者よりも大卒者のほうが平均的な生涯年収が高いので、学歴を得るために投資するのは価値があるように思えます。でもそれは、あくまでも「平均」での話です。大学を卒業してフリーターになった場合、学歴が収入に直結しないこともあるのです。



大切なのは、学校を卒業した後に子どもたちがどういう形で社会の中で生きていくのかということをしっかり教えることです。

実際に、自立して生活できる子どもになれば、親の子どもにかかるお金としては、相当節約することにもつながるのです。

これはとても大切なことで、いい学校に入ることを目的とした場合、学校に入った時点で家族もろとも燃え尽きてしまうケースをよく見かけます。何年も苦労して目的を達成したのですから、仕方のないことかもしれません。でも、自立して生活できることが目的であれば、学校に入っただけでは目的の達成になりません。まだまだやるべきことがたくさんあるので、燃え尽きることはないのです。

いい学校に入るという価値自体も疑う必要があります。

たとえば、子どもが美容師になりたいというのであれば、高校卒業後に美容学校に入学させてあげればよいのです。 親としては、意味のない教育費を費やすことなく、子どもが美容師として独立したいときに資金援助してあげるほうが、よほど効果があるでしょう。

子どもの将来を考えると、そのほうがずっと自立した生活になるでしょう。

社会を知っている親が物事の価値観を子どもに教え、いい結果になることも多いことは否定しませんが、親の価値観が時代遅れであれば、子どもを不幸にする可能性があることも忘れないようにしたいものですね。








おすすめサイト
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
四柱推命による水先案内
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報!
人相による結婚相手の選び方
生活習慣病と疲労ストレス解消法
介護保険の基礎知識
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
婚活の必要性と婚活のすすめ

男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理


Copyright(c)2014 お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策 all rights reserved.
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策  △TOP