Menu ▼


メニュ−
なぜかお金が集まる人の思考法
お金持ちの思考回路
お金持ちの人間関係
お金持ちの習慣
お金持ちの倹約術
お金の使い方
銀行・郵便局の徹底活用
お金が貯まる方法と習慣
お金が貯まる「考え方」
お金が貯まる「生活習慣」
お金が貯まる「働き方」
お金が貯まる「節約・運用」
お金が貯まる「借り方と返し方」
お金が貯まる「保険活用」
お金にまつわる名言集
一生お金に困らない使い方のコツ
使い方のコツをつかめ
どちらが得か、損か?
投資成功のお金の使い方
お金の増やし方
お金のなる木の賢い育て方
お金は楽しんで殖やそう
不動産投資で大家気分
 
通信費・教育費・ローンのお金の節約方法
通信費を徹底的に節約
教育費を徹底的に節約
効率の良いローン活用法
保険の節約と賢い選択
保険の節約と賢い選択
 
税金対策(賢い節税方法)
まずは知っておきたい税金の基礎知識
所得控除を利用して所得税を少なくしよう
金融商品の節税を考えよう
不動産にまつわる税金の知識
起業・副業での節税方法
 
お金を増やす投資のための基礎知識
投資を始める前に
初心者の株式投資

手持ちがなくても、中途解約するな



ある程度、緊急の出費が入用になっても、それなりの手立ては考えているものですが、それでも急に冠婚葬祭の費用が重なるなどして、当面の資金の調達に困ることがありますね。

どの家庭でも、それほど生活費に余裕があるとは思えませんが、月末に生活費が不足するような場合には、有利にお金を借りましょう。

急にお金が必要になってしまったら、定期預金や保険を中途解約してしまう人もいるようですが、これはもったいないです。

中途解約は最初の契約の条件にもよりますが、たいがいは損と相場が決まっています。


まず解約する前に、預けている定期預金などから自動融資が受けられないかを調べてみましょう。



自動融資とは銀行やゆうちょ銀行の総合口座に定期預金を預けている場合に、普通預金や通常貯金の口座からお金が借りられる制度です。

ゆうちょ銀行で自動融資を利用するためには、総合口座を作ります。

ベースは通常貯金で、会社によっては給与受け取り口座にすることもできますから、公共料金の引き落としやクレジットカードの決済など、日常生活のお財布代わりとしても使いこなせます。

ゆうちょ銀行の自動融資は総合口座に定期預金か定額貯金をセットしておけば、通常貯金の残高がゼロになっても、ATМでの引き出しや公共料金の自動引き落とし、デビッドカードの支払いなどに、定期や定額貯金残高の90%(最高300万円)まで利用することができます。

しかも、担保になる定期や定額貯金が複数ある場合、自動的に期間が長いもの、貸付金利の低いものから適用してくれます。

さらに、返済もかんたんでATМや窓口で通常貯金に入金するだけで、自動的に赤字分が返済されます。まさになんでもオートマティックにできる自動融資というわけです。

銀行の自動融資も、しくみはゆうちょ銀行とほぼ同じです。

総合口座を開設し、普通貯金と定期預金をセットにすれば、あとは定期預金残高の90%(最高200万円)まで自動的に融資を受けることができます。

銀行によっては、積立定期預金や国債なども自動融資の対象になります。
とくにここ数年、銀行ごとの独自のサービスはめざましくバージョンアップしています。

※デビットカード(英: Debit Card)は、商品購入時に銀行などの預金口座から即時(あるいは数日後までに)引き落として支払うクレジットカードに似たカードのこと。debit とは簿記用語で「借方」の意。

【預貯金からの自動融資は金利が低い】

ゆうちょ銀行
◇定期預金 預入時の利率+0.5%
◇定額貯金 返済時の利率+0.25%
◇国債など 貸付時の1年定期貯金の利率+1.70%

銀行など
◇スーパー定期 預入時の利率+0.5%
◇期日指定定期 預入時の利率+0.5%
◇ビッグ 預入時の利率+0.5%
◇ワイド 預入時の利率+0.5%









おすすめサイト
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
四柱推命による水先案内
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報!
人相による結婚相手の選び方
生活習慣病と疲労ストレス解消法
介護保険の基礎知識
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
婚活の必要性と婚活のすすめ

男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理


Copyright(c)2014 お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策 all rights reserved.
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策  △TOP