Menu ▼


メニュ−
なぜかお金が集まる人の思考法
お金持ちの思考回路
お金持ちの人間関係
お金持ちの習慣
お金持ちの倹約術
お金の使い方
銀行・郵便局の徹底活用
お金が貯まる方法と習慣
お金が貯まる「考え方」
お金が貯まる「生活習慣」
お金が貯まる「働き方」
お金が貯まる「節約・運用」
お金が貯まる「借り方と返し方」
お金が貯まる「保険活用」
お金にまつわる名言集
一生お金に困らない使い方のコツ
使い方のコツをつかめ
どちらが得か、損か?
投資成功のお金の使い方
お金の増やし方
お金のなる木の賢い育て方
お金は楽しんで殖やそう
不動産投資で大家気分
 
通信費・教育費・ローンのお金の節約方法
通信費を徹底的に節約
教育費を徹底的に節約
効率の良いローン活用法
保険の節約と賢い選択
保険の節約と賢い選択
 
税金対策(賢い節税方法)
まずは知っておきたい税金の基礎知識
所得控除を利用して所得税を少なくしよう
金融商品の節税を考えよう
不動産にまつわる税金の知識
起業・副業での節税方法
 
お金を増やす投資のための基礎知識
投資を始める前に
初心者の株式投資


知らないと損する地震保険料控除



生命保険料控除と同様に、サラリーマンの年末調整でもおなじみの「損害保険料控除」ですが、2006年税制改正で、2007年分から損害保険料控除が廃止されました。

しかし、廃止されたときに経過措置が残され、新たに「地震保険料控除」が創設されました。

地震保険料控除ではその対象が地震による損害をカバーする保険だけが控除対象になりました。

従来、火災保険に加入していれば、その掛け金のほとんどが控除対象となったのですが、地震保険では火災保険の中に含まれているケースがほとんどですので、支払った火災保険料の金額の一部がその対象となります。

よって、火災保険に加入していても、地震保険に加入していないケースでは対象とはなりません。



自分が加入している保険が地震による損失をカバーできるタイプのものであるかどうか、あらかじめ確認しておいたほうがいいでしょう。

また、経過措置で控除対象として残っている損害保険は、長期損害保険に限られます。

旧制度では、短期と長期に分かれて控除の制度がありましたが、現在残っているのはそのうちの長期損害保険だけです。

長期損害保険とは、次の三つの要件を満たしているものです。
@ 2006年12月31日までに締結した契約(保険期間または共済期間の始期が2007年1月1日以後のものは除く)

A 満期返戻金等のあるもので保険期間または共済期間が10年以上の契約

B 2007年1月1日以後にその損害保険契約等の変更をしていないもの

また、一つの保険で地震保険と長期損害保険の両方の制度の適用を受けられる場合は、選択によりどちらか一方の適用を受けることになります。

区分 年間の支払保険料の合計 控除額
@
地震保険料
5万円以下 支払金額
5万円超 5万円
A
旧長期
損害保険料
1万円以下 支払金額
1万円超
2万円以下
支払金額÷2+5千円
2万円以下 1万5千円
@とA
両方がある場合
@、Aそれぞれの方法で計算した金額の合計額(最高5万円)







税金対策(賢い節税方法)
所得控除を利用して所得税を少なくしよう
所得からの控除をしっかりと活用しよう
結婚するなら年末、離婚するなら年明け
年末に19歳以上、23歳未満の扶養親族がいれば控除が大きい
高齢になった親の扶養控除は大きい
親に頼らず学校に通いながら働く学生の優遇措置
リストラされても税金は戻ってくる
生命保険料は最大12万円の控除が受けられる

知らないと損する地震保険料控除
医療費控除の対象は意外に多い
医療費控除は10万円からという神話
医療費控除は本人だけではない
災害・盗難にあったときは、「雑損控除」を利用
本人も家族も適用される障害者控除
高齢者ならではの節税方法

寄付金で税金が戻ってくる





おすすめサイト
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
四柱推命による水先案内
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報!
人相による結婚相手の選び方
生活習慣病と疲労ストレス解消法
介護保険の基礎知識
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
婚活の必要性と婚活のすすめ

男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理

Copyright(c)2014 お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策 all rights reserved.
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策  △TOP