Menu ▼


メニュ−
なぜかお金が集まる人の思考法
お金持ちの思考回路
お金持ちの人間関係
お金持ちの習慣
お金持ちの倹約術
お金の使い方
銀行・郵便局の徹底活用
お金が貯まる方法と習慣
お金が貯まる「考え方」
お金が貯まる「生活習慣」
お金が貯まる「働き方」
お金が貯まる「節約・運用」
お金が貯まる「借り方と返し方」
お金が貯まる「保険活用」
お金にまつわる名言集
一生お金に困らない使い方のコツ
使い方のコツをつかめ
どちらが得か、損か?
投資成功のお金の使い方
お金の増やし方
お金のなる木の賢い育て方
お金は楽しんで殖やそう
不動産投資で大家気分
 
通信費・教育費・ローンのお金の節約方法
通信費を徹底的に節約
教育費を徹底的に節約
効率の良いローン活用法
保険の節約と賢い選択
保険の節約と賢い選択
 
税金対策(賢い節税方法)
まずは知っておきたい税金の基礎知識
所得控除を利用して所得税を少なくしよう
金融商品の節税を考えよう
不動産にまつわる税金の知識
起業・副業での節税方法
 
お金を増やす投資のための基礎知識
投資を始める前に
初心者の株式投資

教育費を貯めるなら、こども保険、それとも、その他の貯蓄?



★ こども保険は本当に有利なのか


子どもが生まれたら、かんぽ生命の「学資保険」に代表される「こども保険」に加入するという家庭が多いようです。確かにひと昔前は、子どもの将来の教育費の備えとして、こども保険はベストな方法だと思われていました。

こども保険とは、子どもの教育資金のための保険で、進学時や満期時に保険金が受け取れるものですが、契約者(親)が万が一死亡するようなことがあっても、以降の保険料の支払いが免除された上で、保険金は受け取れます。

しかし、契約者の死亡保障という点では、既に生命保険に加入して十分な死亡保障があるのなら、わざわざ加入する必要がない保険ともいえます。



★ 特約が付くこども保険は「元本割れ」リスクが懸念される

それでも、一時期より人気が衰えたとはいえ、現在でも教育資金用に加入する人が多いのは、「強制的に貯金ができる」というのが理由のようです。

また「返礼率110%」などの商品もあり、「利回りのよさ」も人気の理由にあげられます。返礼率とは、支払った保険料に対して、将来いくら受け取れるのかを%で表した数字です。返礼率が100%を超えれば、支払った分より多く返ってくることになります。

一方で、こども保険は、元本割れして返礼率が100%に満たないこともあります。定期預金などとは違い、元本保証がないので、そのリスクも考慮しておかなければいけません。ただし、元本割れするこども保険は、育英年金特約や医療保険特約などが付いている場合がほとんどです。返礼率をアップして元本割れのリスクを避けることは可能です。


★ 個人向け国債など、あらゆる選択肢の中から検討しよう

ただし、こども保険のような長期固定金利の金融商品は、金利が上がる時期には不利になります。その点、変動金利の金融商品であれば、金利上昇時に有利です。個人向け国債(変動10年)などは教育資金用として人気があります。

お金を貯めるには、あらゆる選択肢から検討して選ぶのが原則です。教育資金だからと、「こども保険なら間違いない」と機械的に選択するのではなく、しっかりと比較して検討することが大切といえるでしょう。

【お金が貯まるアドバイス】
★ こども保険には「元本割れ」のリスクもある。
★ 個人向け国債などほかの貯蓄法も検討して選択を。









おすすめサイト
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
四柱推命による水先案内
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報!
人相による結婚相手の選び方
生活習慣病と疲労ストレス解消法
介護保険の基礎知識
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
婚活の必要性と婚活のすすめ

男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理


Copyright(c)2014 お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策 all rights reserved.
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策  △TOP